日本IBM株式会社 吉崎 敏文 プログラムの時代から全く新しい世代へ入ったという
ワクワク感があります

略歴・プロフィール

1962年福井県生まれ。剣道の師範であった祖父の影響で幼少の頃から学生時代までの17年間、空手をやっていたという。「日本人の武道を原点から見直すという感じで、週5回空手の道場に通った」と振り返る。大学は学習院大学経済学部へ。コンピュータとの出会いは、大学のコンピュータセンター。「コンピュータは苦手だった。だから興味を持った。そしてIBMを知り、志望した」という言葉の裏には、何事もしっかりと極めたいという何事にもこだわる性格が反映されているのだろう。大学卒業後の1985年、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。北陸営業所に営業職(セールス・レプレゼンタティブ)として配属される。現在、IT業界の話題をさらう『IBM Watson』の日本の責任者を務める吉崎だが「地方の営業所で会社を代表して営業の仕事をしたことが現在につながっているんです」と語る。6年間の北陸営業所勤務の後、経営企画室へ異動。1999年経営企画・人事、企画担当部長を経て、アジアパシフィックのBT/CIO CRM担当部長を務める。2004年から理事として、ibm.comセンター事業部長、インフラ・ソリューション事業部長を歴任。2007年にインテグレート・テクノロジー・サービス事業担当 執行役員に就任した。その後、2010年にクラウド・コンピューティング事業を担当、2012年7月よりスマーター・シティー担当。東北復興支援事業部長も兼務。そして2015年から現職。『IBM Watson』の活用に向けて超多忙な日々を送りながらも、週末にはジョギング、ゴルフなどを楽しむ。歴史小説を中心に年間100冊以上を読破する読書家でもある。54歳。
(インタビュー/2016年4月27日)

CLOSE
Message for you
日本IBM株式会社 吉崎 敏文

今の若い世代が仕事よりプライベートを優先するとかいろいろと言われていますが、私はあまり批判的なことを言いたくないんです。というのは私でさえ入社した頃は「新人類」と呼ばれていて、上の世代からは「わけわからない若者」として扱われていましたから…。
時代が移り変わり環境が変われば、いろいろな価値観が生まれてくる当然ですし、それはとてもいいことだと思います。ですから、今の環境で培ってきた若い世代の人たちは、自分なりのいいところを伸ばしていくことを考えて欲しい。ただサラリーマンに限らず自分に求められる要件が変ってくることはよくあること。そういった場合でも、自分の持っているもの、コア・コンピタンスを大切にしながらも、自分の考え方次第でいかようにも対応できるはずです。新しいことをやるには前例がなく、自分がオーナーシップを持って対峙いくしかないので、そんなことを心がけていけばいいと思います。われわれも、若い人たちが働きやすいようにいろいろなことを考え、しっかりと伝えていく必要があると考えています。

CLOSE
素顔
素顔

学生時代まで空手を続けていた吉崎は根っからのスポーツ好き。「ハマると短期間で集中的にやるタイプなんです」と笑う吉崎は、ゴルフでもシニアプロの指導を受けるなどスポーツに対する徹底ぶりを感じさせた。一方、スポーツを自分だけの楽しみに終わらせないエピソードも披露してくれた。

「たとえ趣味でも、拡大していくプロセスにたずさわることは楽しい」

2007年に仕事のかたわら同僚4人とともに社内でマラソン部を立ち上げました。マラソンが現在ほどブームではなかったんですけれど、ね。そのマラソン部は現在では50人の部員を擁し、選手がマラソン大会に出場する時にはみんなで応援に行ったりしています。またマラソン部の提案で開催された昨年の「日本IBM社内マラソン大会」には500名の参加者を集めるまでになりました。私自身スポーツが好きということもありましたが、たとえ趣味でも、拡大していくプロセスにたずさわることは楽しいと思いますね。

CLOSE
近況UPDATE

撮影の照明の影響からか、吉崎は額にうっすらと汗を浮かべながら、自らの経験に裏打ちされた言葉で熱心にインタビューに応えてくれた。営業職(セールス・レプレゼンタティブ)から人工知能の『IBM Watoson』まで、データの活用という視座から語る吉崎の言葉には、これからのAI時代におけるテクノロジーと人間のあり方について多くの示唆が含まれている。

「苦手だと挑戦したくなるので…」(00:30)

「営業で代表になれるんだという単純な発想で会社を志望」(00:51)

「地方の営業所では自分で何でもやらないと仕事は回らないので…」(01:37)

「データの入口からデザインして、データを活用していく」(03:50)

「ワトソンはITにおける世代が変わるぐらいのインパクト」(04:18)

「プログラムの時代から全く新しい世代へ入ったなというワクワク感…」(04:57)

「営業は情報の最前線、あるいはデータの入口ですね」(07:46)

Intervew Scene OPEN
CLOSE
Intervew Scene
CLOSE
COMPANY INFORMATION
企業名 日本アイ・ビー・エム株式会社 IBM Japan,Ltd.
所在地 東京都中央区日本橋箱崎町
業種 情報システム
設立 1937年
資本金 135,300百万
従業員 全世界で約40万人
事業内容 情報システムに関わる製品、サービスの提供
URL http://www.ibm.com/ibm/jp/ja/
CLOSE
Facebook
ページの先頭へ