シスコシステムズ合同会社 高橋 慎介 新人の頃、ようやくいくつか契約が取れるようになるとお客さんがお客さんを呼び込んでくれて、よくうれるようになった

略歴・プロフィール

1960年東京・北区生まれ。「小さい頃は目立つことが好きなやんちゃ坊主。でも、どちらかというと身体が弱かった」ので、一年に1か月ほど小学校を休んだこともあったという。とはいえ、根っから明るく活発な性格だったようで、野球、缶けり、相撲などを外で走り回る一方、小学校高学年からはトランペットを始めるなど自らの好奇心に忠実に過ごす少年だった。中学に入学してからは、親が好きだったオペラに興味を持ち、合唱クラブに入部。高校進学後もグリークラブに所属。グリークラブの顧問は、合唱指揮者として有名な関屋 晋先生(故人)で、関屋先生の指導の下、オペラの舞台に立つことを夢見て、本格的に声楽のレッスンを受けていた。「当時、関屋先生に"声の質がいい。天才少年だ"と言われましたけれど、プロのレベルになるのは難しいと思っていましたね」と高橋はよく通る声で語った。
早稲田大学進学後も、国立音楽大学のレッスンを受けながら声楽を続け、念願のオペラの舞台に立った。「舞台は気持ちよかったですね。奴隷の役なのに、観客すべてが私のために拍手をしてくれているような勘違いを起こせるというか…笑」
1983年日本IBMに入社。既存の顧客のいないテリトリーでの新規開拓を命ぜられるものの、最初の1年半は全く成果を出すことが出来ず、見込客の情報だけはきっちり整備していたという。
苦労の多かった営業活動の中で、高橋は「物事を決定できる人にきちんとしたバリューを届ける」ことこそ、法人営業の要諦ではないかと理解し、営業活動に活かして実績を上げていく。その後ゼネラルビジネス事業営業部員営業課長、副社長補佐を経て、1996年米国IBMに赴任。1998年IBM PC事業部事業部部長就任、2002年からは理事ibm.comセンター事業部長就任した。2006年 執行役員パートナー事業部長に就任。
そして2009年日本マイクロソフトに転職。執行役員パートナー事業部長を3年務めた後、2012年にシスコシステムズ合同会社に転職。専務執行役員パートナー&コマーシャル事業部長として現在に至る。趣味の筆頭に「仕事」をあげた高橋。休日の半分は仕事に費やし、残り半分はオペラ鑑賞、競馬、ゴルフを楽しむという。
(インタビュー/2016年2月18日)

CLOSE
Message for you
シスコシステムズ合同会社 高橋 慎介

法人営業の魅力は、いろいろな人と関わっていくなかで、人に対しての自分の適応能力が変わっていくところにあります。お客様とビジネスを進めていく過程で、自分も変わっていくことが出来る。変わらざる得ない部分も出てくる。そこに自分なりのやり方や戦略も生まれ、ダイナミックな瞬間を感じとりながら、自分だけの営業スタイルを少しずつ身につけることが出来ると思う。法人営業といっても、そこにいるのは、あくまでも生身のヒト。ですからどんなに結果を出せない時でも、人に対してはいつも明るく振る舞ったほうがいい。成績がいい時は自分の功績。悪い時は、世の中みんな悪い…ぐらいの気持ちで臨み、法人営業の仕事を楽しんで欲しいと思います。

CLOSE
素顔
素顔

シスコシステムズで多忙な日々を送る高橋。子どもの頃からの趣味の話を聞いていくと、その声のトーンは一段と冴え渡った。趣味の筆頭に「仕事」をあげ、次いでギャンブル、オペラと続いた。その独自のスタンスは、高橋の魅力的な生き方を表しているようだった。

趣味といえば、仕事、競馬、オペラ観賞。そして最近はゴルフ。

実は小学生の頃、親の影響もあって、競馬を好きになりました。中学になってからは、血統とか遺伝とかも調べ上げ、自分なりに研究し、どの馬が勝つかなど予測を立てて楽しんでいましたね。学生時代の趣味は声楽と競馬だったといってもいいんじゃないかなぁ。大学に入ってからは、競馬に加え、麻雀にもはまり込みまして。当時の印象に残る出来事としては、オペラへの出演と国士無双13面待ちを自摸ったことです。どうも私は、ギャンブルの戦略性というか、予測を立てて次にどういう手を打つべきか…それを考えるのが堪らなく好きなようです。

CLOSE
近況UPDATE

日本IBMで新規開拓の営業を始めた高橋だったが、1年半の間、全く売れなかったという。いつの時代でも売れない営業は追いつめられるものだが、それでも高橋は明るく振る舞い、自分なりの戦略を立てながら客先への訪問を欠かさなかった。結果を出せない状態を経験している高橋の言葉は、営業の仕事に悩んでいる人たちにとって、爽やかな応援歌のように響くだろう。

「入社して1年半ぐらい、全く売れず…」(0150)
「『お前、やっぱり才能ないじゃないか』と言われて…」(02:12)
「トップ経営層に会うための工夫をした」(02:57)
「僕の場合はずっとオンの状態。休日でも頭のどこかに仕事がある」(08:04)
「人に対しての自分の適応能力が変わっていくのが面白い」(08:58)
「成績がいい時は自分の功績。悪い時は世の中が悪い…笑」(09:21)
「常に他責の部分を残すと、心理的にラク」(09:39)
「悪い時ほど心の中を明るくして次のことを考える」(09:58)

Intervew Scene OPEN
CLOSE
Intervew Scene
CLOSE
COMPANY INFORMATION
企業名 シスコシステムズ合同会社 Cisco Systems G.K.
所在地 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
業種 ITサービス業
設立 1992年
資本金 45,000万
従業員 1,194名(2014年9月時点)
事業内容 ネットワーク システム、ソリューションの販売ならびにこれらに関するサービスの提供(http://www.cisco.com/jp/
URL http://www.cisco.com/jp/
CLOSE
ページの先頭へ